色彩について


普段当たり前のように色を感じて生活をしていますが、
色彩を私たちはいったいどのように認識するのでしょうか。

c0035079_10333608.jpg
ここに卵があります。卵は確かに白い。それを認識します。

c0035079_10335230.jpg
しかし違う場所に移してみると白いというよりはグレーにみえます。
この条件の違いは光です。

上の写真は太陽光も元で撮影されています。太陽光が卵に当たって私たちが見つめる眼に入ってきます。
この太陽と卵の物体と見つめる眼を「視覚現象の3要素」と呼ばれています。

ニュートンは暗い部屋の中で太陽光を導いてその光線にプリズムを当てると赤、橙、黄、緑、青、紫が帯状に繋がっているのを発見しました。
光は波長の長さの違いで色味があることを教えてくれました。

光がりんごに当たって赤く見えるのはりんごの表面が赤の光を反射してその他の色の光を吸収しているからです。

りんごに当たった光は私たちの眼に入ってくるのですが、水晶体を通った光は網膜に映し出されて視神経を通って脳へ送られます。
私たちが認識する色とは光から認識をすることになります。
今までは光の色との関わりは舞台などのみと思っていましたが、実は生活全般にわたって関わっています。


[PR]
# by johanesvermeer | 2017-08-06 11:32

直近の作品

c0035079_09572308.jpg
今年制作した作品です。
2017年
特徴はアーチ型の額縁で
花と卵をテンペラで描き、その他は油彩です。


[PR]
# by johanesvermeer | 2017-05-03 10:14

過去の作品

倉庫を大掃除して片付けたときに出てきた
過去の作品群です。
そのうち 制作年と題名、サイズを加えます。
c0035079_09564726.jpg
  F6   額縁を習い始めた頃の作品なので1988年頃
「蹲る裸婦」

c0035079_09570362.jpg
F6   1988年頃
「胡蝶」

c0035079_09562715.jpg
S3  「受胎告知 ガブリエル」
c0035079_09563722.jpg
P4  「受胎告知 マリア」

c0035079_09552532.jpg
F6 「チェス盤」
c0035079_09571487.jpg
P8  「川の流れ」

c0035079_09555603.jpg
「揺れる川面」

c0035079_09565724.jpg

c0035079_09560794.jpg
 P8   シエナの2つの塔
c0035079_09551283.jpg
c0035079_09541286.jpg
M20   「シエナの坂道」
c0035079_09531836.jpg
c0035079_09533377.jpg
F30  「大聖堂」
c0035079_09540154.jpg
F15
[Mon saint michel]

c0035079_09542671.jpg
P30  「ケーニッヒ・ゼー」
c0035079_09534693.jpg
「流木」
c0035079_09545861.jpg
F10  「アンモナイト」
c0035079_09544092.jpg
F10  「水田」
c0035079_09523860.jpg
F10  「2つの路」
c0035079_09522768.jpg
S30  「生命の樹」
c0035079_09521271.jpg
c0035079_09515699.jpg
c0035079_09514125.jpg



[PR]
# by johanesvermeer | 2017-05-03 10:10

これもデッサン


胡桃
c0035079_21413278.jpg


季節外れですが、
c0035079_21443582.jpg

[PR]
# by johanesvermeer | 2016-08-09 21:41

ベランダで咲いたチューリップ

今年のベランダで咲いたチューリップです。
ちょうど朝日が差し込んだ時のイメージです。
c0035079_20294072.jpg

[PR]
# by johanesvermeer | 2016-05-08 20:32

スケッチブックより





スケッチブックより
いくつか抜粋します。

c0035079_17464779.jpg
ルネッサンス期の女流画家Giovanna Gazzoniのバッタのスケッチの模写です。
ペンで描かれたもので、小さなドットによる表現が学べたと思います。
c0035079_17465121.jpg
水彩による蝉の羽とニーチェの言葉です。
本質を言い当てている座右の銘です。

c0035079_17465465.jpg
Hatchingの意味を噛み締めながらペンで最近描いたスケッチです。









[PR]
# by johanesvermeer | 2016-05-03 17:53

miniature


知人のお祝いと入院中の方のお見舞いのために
miniatureを描くことにしました。
絵の画面は7.5cmほどの大きさです。
c0035079_22015557.jpg
額も同時進行中です。
c0035079_22022559.jpg
額にも石膏を塗り終えたところ
c0035079_22030305.jpg
引き続き描写
c0035079_22032540.jpg
額に金箔貼りの準備中
c0035079_22034796.jpg
金箔を磨き終えたところ


c0035079_22044175.jpg
描写の仕上げ

c0035079_22071507.jpg
ようやく絵と額の完成

c0035079_22052878.jpg
袋をミシンで作成
c0035079_22055701.jpg
タトウも完成

c0035079_22062246.jpg
この順番で箱の中に入れます。
c0035079_22064624.jpg

こんな感じかなまず、1作目





[PR]
# by johanesvermeer | 2016-04-19 22:14

長い間 手をつけずにすみませんで開いた。

久しぶりにアップします。

c0035079_23243641.jpg
花瓶に入った花です。


c0035079_23244178.jpg
生命の樹です。




[PR]
# by johanesvermeer | 2016-04-10 23:26

思い立ったが...... キャンバス作り

絵を描こうと思い立ったので、近くの木枠が売っていそうなITO-YA 青葉台店に電話でM−3号の木枠の在庫があるかどうかを尋ねたところ、取り寄せになるとの返事。
仕方が無いそれでは木枠も自分で作って準備をするか!
まず、角材の1面に傾斜をつけるところから、
c0035079_23312210.jpg


次に45度にカットしてこのように組み合わせ。額縁と一緒やな。
c0035079_23334227.jpg


実に木枠の継ぎ方は感心する程、非常に複雑で留形相欠き接ぎのより複雑な作りを
しています。そこまでの情熱と時間は注げませんので
今回の継ぎ方は契りで行う事にします。
c0035079_21413539.jpg


接着は当然ボンドではなく古来から使われてきた牛の皮から作られた膠で接着してゆきます。
膠はご覧のような状態です。
c0035079_21485252.jpg


上下が逆になってしまいましたが契りの余分な部分を切り取ったところ
c0035079_21514257.jpg


ようやく麻布の登場。ここまでもすごく長い。
c0035079_2152557.jpg


これは何をしているのかというと麻布の端が解れないようにミシンで縫い付けています。
絵にたどり着くまでに疲れてしまいそう。
c0035079_2153492.jpg


タックスでを打ち付けて仮張り、そしてお湯で糊を洗い流します。
ようやくキャンバスらしくなってきました。
c0035079_20241993.jpg


地塗り塗料作り。今回は半吸収性キャンバス アブゾルバン
膠水、白亜、チタニウムWにサンシックンドリンシードを加える。卵の黄身も少々
c0035079_0351083.jpg


まるでホイップクリームのような
c0035079_0371292.jpg


キャンバスに地塗りしてようやく特製キャンバスの出来上がり。
c0035079_0374626.jpg

[PR]
# by johanesvermeer | 2012-12-28 23:35

足跡

制作:2012年
素材:油彩 一部テンペラ
額縁:ボーロ及び膠 ワックス

変わった作品がこのような形になりました。
c0035079_981357.jpg

[PR]
# by johanesvermeer | 2012-04-03 09:08